シミ 医薬品

本気でシミを薄くしたいならやっぱり医薬品に頼りたい…効果は保証済み!医薬品でおすすめのシミに効く商品をご紹介します!
MENU

シミに悩んでいるならコレ!シミに効くおすすめの医薬品3選

年齢とともに増えてくるシミ。

 

何もしないで悩んでいてもシミは増える一方です。

 

シミを治したいなら、化粧品、サプリ、レーザー治療など様々治療法がありますが、医薬品なら美白成分濃度が高いので、その分効果は期待できそうですよね。

 

シミやくすみに効く成分配合で、出来るだけ効果を早く感じることができる医薬品に分類されているおすすめのシミに効く商品を3つご紹介します!

 

 

<おすすめのシミに効く医薬品@ キミエホワイトプラス>

 

最近リニューアルされ、さらに美白効果がプラスされた話題の医薬品サプリ「キミエホワイト」

 

シミに効く有効成分のL-システインが配合されているだけでなく、肌細胞の生まれ変わりを促すパントテン酸カルシウムも入っており、シミを効率的に治すことができる医薬品です。

 

また、キミエホワイトの特徴でもありますが、この医薬品はシミを消すだけでなく、疲労回復や二日酔い、ニキビにも効き、あらゆる面で活躍してくれます!

 

そして、リニューアルされる前は甘い糖衣錠タイプだったのですが、糖分が気になると言う方のために、リニューアルしてからはシュガーレスされました!

 

1日1錠でいいので、気軽にいつでも飲めるのもおすすめのポイントですね。

 

 

<おすすめのシミに効く医薬品A トランシーノ ホワイトC>

 

メラニン生成を抑制すL-システインはもちろん、黒色メラニンを無色化するビタミンCが何と1000mgも配合!

 

肌の代謝を促進し、古い角質に残ったメラニン色素を排出させます。

 

朝と晩に1日2回服用し、肌の内側からシミを守ります。

 

お値段もお手頃なので、気軽な気持ちで始められるのもいいですね!

 

 

<おすすめのシミに効く医薬品B ロスミンローヤル>

 

97,6%の女性医師が飲み続けたいと答えたシミだけでなく、小じわに効く唯一の医薬品のロスミンローヤル!

 

テレビ番組で紹介されて以来、人気急上昇している医薬品です。

 

実年齢をより老けて見える原因はシミもそうですが、小じわが多いと老け顔に見えてしまいますよね。

 

肌年齢が気になる女性の多くが悩んでいるシミを改善し、小じわを緩和させる医薬品として様々なメディアからも注目されています。

 

また、女性に起こりやすい肩こりや腰痛もめまい、のぼせなどの改善にも効果的です。

 

ロスミンローヤルは、シミやシワに効く9種類の生薬成分と22種類の有効成分により、血の巡りを良くして、細胞を元気にして、体の内側からエイジングケアできる医薬品なのですね!

 

 

<医薬品ならやっぱり副作用はあるの?>

 

医薬品に分類されているのであれば、それ相応の効果は期待できますが、その分副作用が気になりますよね。

 

やはり医薬品の場合は、必ず副作用が出るわけではないにしろ、可能性はゼロではありません。

 

どんな医薬品を使用するかにもよりますが、腹痛や頭痛、吐き気などの症状が出た場合はすぐに使用を中止しましょう。

 

効果は期待できる反面、医薬品だと副作用が心配…という方も、今までなら皮膚科でしか処方できなかった美白有効成分が改良され、美白化粧品も配合されるようになり、医薬品ではありませんが、シミ改善の効果をもたらします。

 

副作用がどうしても気になる場合は、このような美白化粧品からシミケアを始めてみるのもいいですね。

 

もちろん全ての医薬品のシミに効く商品に副作用がでるわけではないですが、少しでも体調に悪い変化があるようであれば、使用はすぐにやめてください。

 

 

医薬品のシミに効く商品であれば、シミ改善効果を効率的に進めることができます。

 

ただし、前述のとおり、医薬品は副作用が起こる危険性があるので、シミに効く医薬品を使用していて、体調が優れないなどの症状があれば、すぐに使用を中断し、かかりつけ医に相談しましょう。

 

>>資生堂HAKUの対象年齢は何歳くらい?【口コミから分かった年齢層】

このページの先頭へ